スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

【聖戦と死神】原作について

Sound Horizon様の「Chronicle 2nd」というアルバムが出典です。
こちらは、作中の「黒の予言書」なる年代記に記された
様々な史実のそれぞれが、楽曲としてオムニバスのような形で収められ
また、それを包括するさらに大きな物語が語られています。

今回の公演では、表題ともなっている「聖戦と死神」という4つの組曲と
それに関連するいくつかの楽曲を、舞台用に構成しました。
お話としては、今回の舞台で完結するように構成してありますので、
原作を御存じない方でも楽しんでいただけると思います。

ただし、アルバム全体から見れば、あくまで抜粋ではありますので
もし興味を持っていただけたなら、ぜひ、
原作にも触れてみられることを、お薦めいたします。
通販ですと、こちら様などで入手できます。
(注文不可となっていることが多いですが、ときどき補充されるようです)





さて、今回の歌劇化にあたってなんですけれども、
原作がある作品ですので、表現などについて、
あらかじめ、いくつかおことわりしておきたい点があります。


・物語の解釈について

原作は、オペラ仕立てではありますが、
完全にオペラとして構成されたものでもありませんので、
聴く人(読む人)によって解釈に幅ができる部分があります。
(未だに議論されているような部分なんかもありますね)

今回の舞台でのストーリィについても、
数ある解釈の一例として、柔軟に受け止めていただければ幸いです。
(ぼかせるところは、なるべくぼかすようにはしています)


・歌詞や台詞について

原作では当て字などが多用されており、
実際に耳に聞こえてくる「音声と」、
印刷物などの「文字表記」が必ずしも一致しません。

その両方を味わうというのが、SHの楽しみ方の一つでもあるのですが、
マビノギ上では、言葉をテキストでしか表現できないため、
今回の舞台では、音声のほうを重視しつつ両者を折衷したものとなっています。

※ファンの方は「文字表記」そのままを好む傾向が強いように思われますが
 予備知識のない方が十分楽しめない可能性がありますので
 このような方針で進めさせていただきます点、御了承くださいませ。


・常用外漢字や歴史的仮名遣いについて

これらについてもSHの作品中では多く使われているのですが
マビノギ上では、「聴かせる」のではなく「読ませる」必要があるため
なるべく解かり易いように噛み砕いて表現してある部分があります。

こちらも、ファンの方には少々物足りない部分もあるかと存じますが
原作を御存じない方にも、時間内に膨大なテキスト量をこなしていただくため、
このようになっております点、何卒御理解を頂きたく思います。


・それでもやっぱりわかりにくい

色々配慮は尽くしたつもりではありますが、
いかんせん物語が高密度に楽曲に詰め込まれており、
初めて今作に触れる方には、やはり取っ付きにくい部分も
多く残っているのではないかと、正直なところ懸念しております。

まだまだ至らない点も多いかとは存じますが、
よろしくお付き合いいただければ幸いです。
スポンサーサイト

2008.01.09 | Comments(0) | Trackback(0) | タカラヅラ歌劇団

«  | HOME |  »

当サイト内にある『Mabinogi』に由来するデータ/画像等の著作権は
運営/開発元であるNexon社及びdevcatに帰属します。

プロフィール

国籍:ルエリ-4ch
所属:子守唄
職業:歌手

好きなNPC:
 ♂シモン様
 ♀ジョセリンねえさん
好きな文字:
 ひらがなの「な」
餌付けに有効な品物:
 Rank1or5↑被服作成依頼
 革・生地・シルク
 イカす演奏

 



最近のコメント

  • (10/13) Logue

  • (06/08) えぼ

  • (06/07) まきまき@管理人

  • (04/29) えぼ

  • (02/08) まきまき@管理人

  • (01/01) みゅみゅ

  • (08/11) まきまき@管理人

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する
当サイトはリンクフリーです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。